運動療法|訪問マッサージ・鍼灸なら大阪府松原市の高橋鍼灸院にご相談ください。

高橋鍼灸院

  • 0723339267

    • お問い合わせ
    • アクセス
  • 営業時間について

    訪問施術9:00~17:00 院内施術18:00~21:00
    定休日:日曜日

運動療法

運動療法とは

運動療法としては、一般的に「リハビリ」や「機能訓練」という言葉が馴染み深いと思います。

運動療法とは、他動的もしくは自動的に運動を行い、身体機能の改善や維持、向上を促すこと。
運動療法を実施することで、既にある障害の改善が見込めるだけでなく、今元気であってもこれから起こりうる障害の防止にも役立ちます。

あらゆる症状の予防に効果的

運動療法はさまざまな症状に対し、予防と改善のための施術として適用されています。

代表的な疾患

  • ヘルニア
  • スポーツ障害
  • 生活習慣病
  • 糖尿病認知症

…など

介護予防・ロコモ対策

ロコモとは

介護分野に携わる方を中心に大きな問題となっているロコモ。
正式名称を「ロコモーティブ・シンドローム」(運動器症候群)と呼び、2007年、日本整形外科学会によって提唱されました。
加齢によって骨、関節、筋肉などが衰え、運動機能が低下し、日常生活における動作が困難になってしまう状態です。
対策を取らないでいると、家から出られなくなったり、介護が必要になったりするリスクが高まります。
つまり、ロコモ予防こそが、健康で快適な長生きに直結するというわけです。

早めの対策が大事

「自分は元気だから大丈夫」。確かに今はそうかもしれません。しかし、筋肉量は加齢とともに、どんどん低下し、特に40代から加速度的に進行することが明らかになっています。
ロコモは、気力も体力もなくなっている状態。そのため、ロコモになってからの対策は非常に困難です。
だからこそ、早めの早めに手を打っておく必要があります。予防は、自分の為だけに必要なのではありません。
しっかり身体を動かせる状態を維持すると、周りのご家族の負担も少なくなることでしょう。

カラダの健康はココロの健康

体が不健康だと、うつ病などの発症リスクが高まることが知られています。
身体の問題が心に直結する原因のひとつとして、いままで出来たことが出来なくなるストレスがあります。
「信号が時間内に渡れない」「いつからか、外出するのが面倒くさくなった」「階段を上るのに手すりがないとつらい」「掃除器具を長時間持ち上げられない」などがロコモの典型的な症状。
これらひとつひとつがうまくできないことで、クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)が下がり、気分が落ち込み、ますます運動をしなくなるという悪循環に陥ってしまうのです。

「運動しているから大丈夫」は違います!

その運動は効率的ですか?

ときどき「運動しているから問題ない」と断言するシニアの方もいらっしゃいます。
しかし、専門家の立場で言わせてもらうと、その考えも大変危険です。「運動していること」と「運動出来ていること」には大きな隔たりがあります。
日々のウォーキングや、趣味のスポーツを続けることは確かに大切です。ただ、自分が得意な運動は、同じ筋肉ばかり鍛えることに繋がります。
すると、他の筋肉が衰え、筋肉同士のバランスが崩れてしまうのです。
運動しているのにロコモになる。これを防ぐためには、全体のバランスを意識した予防運動が必要です。

正しい方法を選択しましょう

ロコモを予防するためには適切な運動が必要です。
しかし何が正しくて何が間違っているのかはなかなか判断が出来ません。
そのためのサポートを当院は、最大限行うことが可能です。
いままで多くの方々を診てきた経験と実績をもとに、患者さんの状態に合わせて、介護・ロコモ予防に役立つ様々な施術を提案いたします。
また、施術だけでなく、自分の運動がしっかりロコモ対策になっているかのチェックも行えますので、少しでも気になることがあれば是非高橋鍼灸院にお任せください。

ページトップへ戻る