趣味|訪問マッサージ・鍼灸なら大阪府松原市の高橋鍼灸院にご相談ください。

高橋鍼灸院

  • 0723339267

    • お問い合わせ
    • アクセス
  • 営業時間について

    訪問施術9:00~17:00 院内施術18:00~21:00
    定休日:日曜日

気になるブログ-英語と日本語の違い

【ビジュアル英文解釈】倒置法_M+V+S

気になるブログ-英語と日本語の違い 

In the house stood a man. 『男が家の中に立っていた。』 本書の1番最初に出て来た例文でが、これを再考します。 前置詞の後に続く名詞は主語にならない。このルールがありました。 そこでこの文の主語を右方向で探すとstoodは動詞、その右にあるa man. しか主語になる候補は無い。 それで、この文の形はIn the houseが修飾語でMとなり文型はM+V+S 本来は前にある...
続きはこちら

【ビジュアル英文解釈】to不定詞内の過去の話

気になるブログ-英語と日本語の違い 

時間の違いによって、絵を画く場所が変わる話、所謂、時制の一致の話です。 改めてみると、that節とto不定詞で違いがある。 まずは、 It seems that he is poor. 『彼は貧しそうに見える。』 Itで私が現在立っている現場空間全体を指定してから、その区間全体にseemsを貼り付ける。 ここで私がseemしているのではない。誰がseemしているのか分からない。誰かの思いが私の周り...
続きはこちら

【ビジュアル英文解釈】省略された文の訳し方

気になるブログ-英語と日本語の違い 

完成した文章の後ろに続く省略された文節がある場合の考え方について We arrived at Burgos, my first stop 『私たちは私の最初の宿泊地であるバゴスに到着した、』 上の例文は一人で列車に乗って旅をする話の1文で、1日目の目的地のバゴスに他の乗客と一緒に乗っている列車が着いた時の文。 Burgos= my first stop になる。 でも下の例は内容的にnine pl...
続きはこちら

【ビジュアル英文解釈】同時進行ではないas挿入節

気になるブログ-英語と日本語の違い 

文章中にasが出てくるとどのように訳すのか分からなくなる事がよくある。 今日はその1例です。 本書ではその説明も何だか関係の無いように見える関係代名詞のwhich を使った文から入ります。 Young men are inpatient, which you know. 『若い人たちは気が短い、その事をあなたは知っている。』 関係代名詞whichはwho や that と違って前にある名詞や代名詞...
続きはこちら

【ビジュアル英文解釈】withって前置詞のはず?

気になるブログ-英語と日本語の違い 

withについて考えます。前置詞のはずなのに、接続詞のような用法があるらしいです。 He stayed with a friend.『彼は留まった、友達と共に』 前置詞with+目的語。前置詞があると必ず、後ろにその前置詞の目的語がある。 だから、文が長くなっても、例えばこの場合はwith a friendで一段落してそこまでの意味が後ろと関係なく確定する。 映像的には『彼が留まった』の後with...
続きはこちら

ページトップへ戻る