松岳山古墳_ようこそなのか立入禁止なのか?|訪問マッサージ・鍼灸なら大阪府松原市の高橋鍼灸院にご相談ください。

高橋鍼灸院

  • 0723339267

    • お問い合わせ
    • アクセス
  • 営業時間について

    訪問施術9:00~17:00 院内施術18:00~21:00
    定休日:日曜日

ブログ

松岳山古墳_ようこそなのか立入禁止なのか?

趣味ブログ-古墳 

先日は大和川の北側、府道183号を東に向かいJR大和路線の河内堅上駅を目指したが高井田駅より東で山の中に入って行くので道路が線路に沿って付いていない。

結局国分寺大橋で川を南に渡って国道25号線に出た後、川の南側を走ったらうっかりと河内堅上駅を通り越して県境まで行ってしまった。

結局、その日は時間の都合で駅には行けず。

今回は国豊橋で川の南に立つ。

そこにある大和川親水公園からスタート。

この先は山に入る。

川は奈良県から大阪府に流れる過程で谷の部分を大きくS字カーブしているのでこの右に見える道も直ぐに川筋から外れて集落の中に入って行く。

川と国道25号線の間にある道を進んでいくと左に登っていく道を見つけたので国分神社に向かって道を登る。

神社に到着。

鳥居を潜ってさらに左に登る小道がある。

この登り口の部分には「ようこそ」の幟が上がっているのだが、木の根がむき出しになったような細い道で落ち葉が積もっていて人が通った様子もない。

足を滑らしそうな危険な状態になっている。

少しだけ上がってみたが

直ぐにこの立て札に出会う。

最初から上まで行くつもりも無かったのでここで引き返す。

おそらく松岳山(まつおかやま)全体をこの神社がすそ野で守っている形になっているのだろう。

古墳に登りたい人は神社で許可を取って欲しいとなっている。

ただ、最初からここは今日の目的地では無かったので神社で参拝だけして先に進む事にした。

本殿です

私は横から坂道を上ったが中間地点から上を見た写真と下を見た写真。

一番下から石段を上がるとかなりの段数がある。

付近の史跡の案内図

大和川が大きく蛇行している様子が分かる。

ここから東へ今日の目的地である河内堅上駅を目指します。

ページトップへ戻る