ゼロから始めるワガママ英語_疑問詞の疑問|訪問マッサージ・鍼灸なら大阪府松原市の高橋鍼灸院にご相談ください。

高橋鍼灸院

  • 0723339267

    • お問い合わせ
    • アクセス
  • 営業時間について

    訪問施術9:00~17:00 院内施術18:00~21:00
    定休日:日曜日

ブログ

ゼロから始めるワガママ英語_疑問詞の疑問

気になるブログ-英語と日本語の違い 

以前に図書館で英語を直訳しよう。との趣旨で書かれた小冊子を読んだ経験がある。

英語の語順を日本語の語順に変える作業すると、それぞれの文において綺麗な形に変換されるのだが、その結果、本来英語が持っていたイメージが崩れてしまうから。

そんな感じの理由だったと思う。

初級英語で疑問文について考える時、最初に平叙文を作ってから、それを疑問文に変換するのが授業の王道です。

まずは以下の例文から。訳は出来るだけ、英語の語順で試みます。

You have a book in your bag. 『あなたは持つ、とある本を、あなたのバッグの中に』

これをdo で始まる疑問文に変えます。

Do you have a book in your bag?

『示してください。あなたは持つか?とある本を、あなたのバッグの中に』

最初のDoはあなたに向かって、直接指示を出していると考えます。

『教えて』とか『態度に表して』とか『同意したら承認のサインをして』とかの命令がDo。

ここでバッグの中に本を持っていたら、Yes, I do.で承認のサインをする。

持っていないと、No, I don’t. でサインをしない。

日本語ではこのような場合は〇か✖かを聞いている。

だが、英語で No の場合は✖にサインをしない。本を持っているかいないか何も教えない。

「個人情報だからお前には教えない。」が正解。

次にWhat do から始まる疑問文、先ほどの本の部分が消えて、文の先頭で『何か教えて?』から始まる。

What do you have___ in your bag?

『何か示して?あなたが持つもの、あなたのバッグの中』

回答は本を1冊持っているならば I have a book.

空っぽならば中を見せて、Nothing. 『見てごらん、何もないでしょう』

教えたくないならIt’s none of your business. 『お前には関係ない』ケンカになるかもだけど。

I don’t want to tell you that.『教えたくない』のような表現もある。

 

be動詞を使った疑問文を作る時。

Your mother is in the kitchen now. 『あなたの母は居る。キッチンの中に、今』

Is Your mother  in the kitchen now? 『居るの~?あなたの母さんキッチンに今』

Yes, she is. No, she is not. この時はdo 疑問と違って、〇か✖で回答する。

どこに居るか聞きたい時。

Where is your mother_____ now? 『どこに居る?あなたの母は、今』

素直に文の先頭で『どこに居る?』と聞いてから対象者を表示するだけ。

 

That boy is Mike. 『あの少年にリンクする。マイクと言う名を』

簡単なようだけど、この場合のthat boy は少年を指して『あの少年』なのか少年の居る場所を指して『あそこの少年』なのかよく分からない。

日本語的には『あの少年』で違和感はない。

でも、be 動詞を接着剤だと考えると、映像的に場所に何かを貼り付ける方が絵が作り易く感じるから。

だからWho is that boy? 『誰?あの少年』の場合はwho で疑問空間を広げてからそこに聞きたい絵を貼り付ける。

 

They practice soccer after school. 『彼らは練習する。サッカーを、放課後』

ここから何時サッカーの練習をするか聞きたい時。

When do they practice soccer? となる。

この時のdo を『いつする?』と考えるか、『いつか示して?』とするか少し迷う。

『いつする?彼らが練習する、サッカーを』『いつか示して?彼らが練習する、サッカーを』

when が疑問副詞で後ろのdo を修飾してwhen do でひと固まりとすると『いつする?』の方が良いように思う。

例えば過去のある時点を聞きたい場合は

When did they practiced soccer? 『いつした?彼らはサッカーの練習を』

となるので、when do は『いつする?』の方が妥当かと思う。

 

Ken comes to school by bike. 『ケンは来る。目指す学校、自転車で』

How does Ken come to school?

『どんな方法か示して?ケンが来る。目指す学校、(普段使っている方法)』

How did Ken come to school today?

『どんな方法か示して?ケンが学校へ来た、(今日の方法)』

こちらの例文は『どんな方法を取った?』でも『どんな方法か教えて』でもどちらも使えそうで、上手く区別できない。

They have two brothers. 『彼らは持つ、二人の兄弟を』からの

How many brothers do they have? 『どのくらいの兄弟か示して?彼らが持っているのは』

の場合はdo が何かをしている訳ではないので、話し相手に教えてと言っている。

このように疑問文に登場するdo をどのように考えるか考え出すと『~ですか?』で済まないので意外と難しいです。

 

疑問詞を使った時のdo に対する疑問でした。

私の中でもまだまだ、未消化です。

ページトップへ戻る