餃子の無人販売店があびこにオープンした|訪問マッサージ・鍼灸なら大阪府松原市の高橋鍼灸院にご相談ください。

高橋鍼灸院

  • 0723339267

    • お問い合わせ
    • アクセス
  • 営業時間について

    訪問施術9:00~17:00 院内施術18:00~21:00
    定休日:日曜日

ブログ

餃子の無人販売店があびこにオープンした

趣味ブログ-街並み 

先月、何となく見ていたTVで餃子の無人販売店の紹介をしていた。

名前は、ふくちぁん餃子。

餃子、18個入りのパックが2パック一袋に入っていて、36個で千円。値段的には高くない。

なるほどなあと思って見ていた。

販売の仕方がユニークで、24時間営業の無人販売。

通常、無人店舗だと自動販売機かと思うが、そうではない。

店内の商品棚を勝手に開けて、欲しい数だけ商品を取り出す。

コンビニで飲料品を買う時と同じスタイル。

現在、コンビニも無人スタイルを模索しているようだが、そちらはまだ実験の域を超えていない感じがする。

この店は手に取った商品分のお金を店の中に有る賽銭箱のようなところにお金を入れて終わり。

自主申告制。

まるで農家の人が畑の横で野菜を無人販売しているのを思い出す。

千円の領収書は商品のパッケージに最初から付いる。

持ち帰り用の商品袋は無料。

銀色の保冷袋は100円。保冷材は1商品に付き2個までは無料。それ以上は1個に付き50円

餃子のたれは100円。

当然、おつりは出ない。

関東圏の話だったので、他人事だと思って見ていたら、なんと、あびこに出店した。

大阪メトロ御堂筋線、あびこ駅から東に延びる地下鉄あびこ中央商店街の中。

商店街の途中の角地にある店舗。

ただし、商店街のブロックが貼られた道は写真の前後方向で駅の方から接近するとこの写真の奥から手前に来る形になる。

だから商店街を東から侵入して駅に向かって移動する方が店は見えやすい。

2パックで1袋の商品とレジ袋

レジ袋はお金を払う場所の横に束で吊ってある。

 

餃子と言えば私の基準は王将餃子。そこと比較しても遜色は無い。

たれは家にある市販品を使ったので店の味は分からないが、餃子自体は美味しかった。

機会があれば再度の購入は有り。

しかし、家からだと王将が天美の駅前と三宅の国道沿いにもある。

王将だと調理済みをテイクアウトできるんですよね。

今、冷凍室には大手食品メーカーの冷凍餃子が常備されているから、むしろ、そちらとの競合になるのかもしれない。

 

あびこって、話題の店が出てきても、いつの間にかより便利な場所に引っ越してしまったりするので、ちょっぴり残念な場所。

防犯対策もしているらしいが、万引きの問題はやはりあるだろうしねぇ。

いずれにしても、頑張って商店街を盛り上げて欲しい。

ページトップへ戻る