【ビジュアル英文解釈】を使って再考する⑿|訪問マッサージ・鍼灸なら大阪府松原市の高橋鍼灸院にご相談ください。

高橋鍼灸院

  • 0723339267

    • お問い合わせ
    • アクセス
  • 営業時間について

    訪問施術9:00~17:00 院内施術18:00~21:00
    定休日:日曜日

ブログ

【ビジュアル英文解釈】を使って再考する⑿

気になるブログ-英語と日本語の違い 

第12課はbecause とfor の違いです。

一口に言うとbecauseは従属性が強くてforは独立性が強いです。

I tried another road.   Again I came to the lake. 『私は他の道を試した。再び湖に来た。』

幼い頃に居た場所に大人になってから帰って来たら手持ちの地図上にあるはずの目的地が無くなっていて、思う場所にたどり着けなかった話。

I tried another road.   Again I came to the lake.『私は他の道を試した。再び湖に来た。』

の後に続く文章で。

I didn’t know what to do because I could not find it on the map.

『私はどうしたら良いのか分からなかった。なぜなら、私は地図上に湖を見つけられなかったから。』

『地図にはない湖が目の前にあって、どの道を通っても湖に着いてしまう状態で途方に暮れる。』

上の例文で主節と従属節を入れ替えて、Because節を前に出した時、主節の前にコンマ(,) を入れる。

Because I could not find it on the map, I didn’t know what to do.

『なぜなら、私は地図上に湖を見つけられなかったから、私はどうしたら良いのか分からなかった。』

ここで、細かい注意が入る。

Because節は主節の理由を説明する言葉なので、

上の例文で、『なぜなら、私は地図上に湖を見つけられなかった。私はどうしたら良いのか分からなかった。』

従属節と主節の間にマル。を入れて文章を切るのは誤訳とする。

Becauseはあくまでも主節の理由を説明しているから。

『なぜなら、私は地図上に湖を見つけられなかった。私はどうしたら良いのか分からなかった。』にすると、主節の

I didn’t know what to do. が、

『どうすれば、湖を見つけられるのか、分からなかった。』の意味になってしまうから。

だから、

(×) I didn’t know what to do.  Because I could not find it on the map.

のように通常はBecause節を独立させては書かない。

 

ところが、for を使う場合は独立性が強くて、『どうしたら良いのか分からない。【いったい何を?】地図に目の前にある、その湖が出ていないのに。』と後から独立させて理由を付け足すイメージが強い。

だから、

I didn’t know what to do,  for I could not find it on the map.

主節が前にあってbecause になかったコンマがfor の前に付く。

(×)  For I could not find it on the map, I didn’t know what to do.

理由を後から説明するfor なので、主節が後ろになって、文の先頭に来る事はない。

I didn’t know what to do.  For I could not find it on the map.

2文は独立して書かれる事はよくある。

 

この課はすごく細かい話になっていて、本文を読み返すだけでは意味が分からなかった。

自分で文を書いてみて初めて著者の言いたい内容が見えて来た。

コンマの使い方等、今まで、あまり意識していなかったから。

 

 

注:この記事は1987年発行の【ビジュアル英文解釈】伊藤和夫 著 駿台文庫

を見ながら私が個人的趣味で勝手な解釈を書いているだけです。

記事の内容は 著者及び出版社とは一切関係がありませんので、ご了承下さい。

特に日本語訳等は、なるべく「左から絵を画くには」の視点で模索しているので、普通に英文和訳を考えるなら唾棄すべき状態になっています。

もし、この記事に目を止められる方がおられたとしても、そのつもりでお願いいたします。

ページトップへ戻る