形ある物も無いものも何でも作れるmake|訪問マッサージ・鍼灸なら大阪府松原市の高橋鍼灸院にご相談ください。

高橋鍼灸院

  • 0723339267

    • お問い合わせ
    • アクセス
  • 営業時間について

    訪問施術9:00~17:00 院内施術18:00~21:00
    定休日:日曜日

ブログ

形ある物も無いものも何でも作れるmake

気になるブログ-英語と日本語の違い 

make の意味は『作る。』だけれど、『AをBにする。』基本イメージがある。

I make a box. 『私は箱を作る。』だと省略されているが材料Aを箱にするイメージがある。

I make  a plan. 『計画を立てる。』で作るのは物だけではない事を知る。

I want to make you happy. 『貴方を幸せにしたい。』

私は望む、時間的前方方向で作る、貴方を幸せに。

こんな感じでも使える。

去年、やたらとNiziU の Make you happy が聞こえていたなあ。と思いつつ次、

 

I made a box of wood.  『私は木で箱を作った。』

最初の例文に材料を表記する場合。

最初に箱全体が見えている。

そこからズームイン すると素材の木目がはっきりと見えてくるイメージ。

この時はズームインの[of]

I made butter from milk.   『私はミルクからバターを作った。』

時間的経過によってズームインしただけでは元の材質が不明な為、目線が時間を遡る[from]

We make wood into paper. 『私たちは作る、木を使って、紙と言うグループに属する物を。』

一般的に木で作る、紙を。

into なので木のグループから紙のグループの中に目線が入って行く。

I made a crane out of origami.  『私は折紙で鶴を折った。』

[out of]  鶴が立体映像としてただの紙から出てきた感じ。

 

それと、make は強制的に何かをさせる意味でも登場する。

I make him go. 『私は作る、彼を強制的に行かせる状況を』

I’ll make him go.  『彼に行かせるよ。』

make は強制的に行かせる、let him go だと彼の希望に沿って行かせる、になる。

Mother made me drink milk. 『母が作った、私にミルクを飲む形を』

嫌いなのに飲まされた。to drink ではない。いやいや飲むのに時間的精神的余裕はない。

だってイヤって言ったのに親が飲ましたんだもん。

I was made to drink  milk. 『私は作られた、ミルクを飲む方向で』

嫌いだから飲みたくないけども、仕方がないよね。ここは飲むと言う方向で頑張った。

その他、「状況が変化してこうなる。」のような表現も多いのでその場その場で、適当に到着とか、近付くとか、理解するとか、適時考える。

他、適切な日本語訳を考えるのは大変。

でも、テストで和訳しなくても良いなら頭の中で『作る。』『~する。』でイメージする。

それできっと、上手くいくよ。Make it!

ページトップへ戻る