市民道夢館の横の池_松原市阿保_カモの群れ|訪問マッサージ・鍼灸なら大阪府松原市の高橋鍼灸院にご相談ください。

高橋鍼灸院

  • 0723339267

    • お問い合わせ
    • アクセス
  • 営業時間について

    訪問施術9:00~17:00 院内施術18:00~21:00
    定休日:日曜日

ブログ

市民道夢館の横の池_松原市阿保_カモの群れ

趣味ブログ-鳥 

近鉄南大阪線、河内松原駅から商店街を北に、中高野街道を北上する。

徒歩数分で駅前の混雑を抜けた所、右手に大きな池が見えてくる。

去年は冬鳥が飛んで来る時期には水が抜かれていたのでこの風景は無かった。

今年は冬鳥の飛来が早いのか、ここの水を抜くのが遅いのかヒドリガモの飛来池になった。

ちょっとした事で身近な場所でも見える風景が変わる。

例年通りだと、ここもすぐに水が無くなるだろうからこの風景は今しか見られない。

住宅地の中に入って行って海泉池の南から東方向を撮影する。

ヒドリガモのオスの特徴が少し見られる者もいる。

去年はカモのエクリプスと言われても何が何だか分からなかったけど私もちょっと成長したかも。

ちなみに英語のeclipseは日食や月食のように天体を隠す。力を失う。と言った意味らしい。

オスが繁殖期が終わるとオスの特徴が隠れてメスっぽくなるって事。

飛来した時はまだ隠れていて冬の間に繁殖期になるなら何時、どこで子供を作っているのだろうか?

留鳥のカルガモは春に子供の姿を見るけれども?

冬の間にペアを作って北に帰ってから子供を作るのだろうか。

6月になっても留まっている者もいるので、ちょっと不思議。

ページトップへ戻る